FC2ブログ
なぜ菌糸ビン飼育で幼虫が育つのか?その鍵はリグニン! オオクワガタ飼育初心者講座

オオクワガタ飼育初心者講座

初めてのオオクワガタ飼育に挑戦!!ド素人でもオオクワガタは飼えるのか?飼育にあたっての工夫や素朴な疑問などを実例を交え紹介して行きます!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なぜ菌糸ビン飼育で幼虫が育つのか?その鍵はリグニン!

すっかりオオクワガタ飼育の王道となった「菌糸ビン飼育」ですが、
なぜオオクワガタの幼虫は菌糸ビンで育つのでしょう(・・?

その鍵は「リグニン」という木の成分にあるようです。

これがリグニンの構造。
ごちゃごちゃして良くわかりませんが、複雑な網目構造をしているようです。

リグニン構造
※Wikipediaより引用

そして、ここがポイント!
このリグニンを分解することが可能な生物は「白色腐朽菌」のみであるということ。

つまり!


もうお分かりですね。そう「キノコ」というわけです。

ヒラタケ

自然界では、オオクワガタの幼虫は朽木の中で生育するわけですが、当然朽木はキノコの力によって分解されていくわけです。

となれば、菌糸ビンで育てることは、幼虫にとって極めて良質・自然な環境であると言えます。
菌糸ビンが白いのも納得ですね!
なんたって白色腐朽菌ですから!!

RIMG0233.jpg


ちなみに菌糸ビンからは時々キノコが生えてくるそうですが、ヒラタケ類は優秀な食菌ですので、生えてきたら是非食べてみたいと思いますヽ(=´▽`=)ノ
関連記事

| 菌糸ビンの購入 | 21:48 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

勉強になりました~(*^_^*)
ヒラタケ美味しいですよ~!
まだ幼虫ちゃんの入っている菌糸瓶のは食べたことが無いのですが、今年函館で菌糸瓶を作っている所でヒラタケの菌糸を買って来てヒラタケを栽培してみたところとても美味しかったです。
ヒラタケ料理楽しみですね♪

| 赤ずきん | 2014/11/20 03:09 | URL |

Re: タイトルなし

赤ずきんさん、コメントありがとうございますヽ(=´▽`=)ノ

おぉ!やっぱりヒラタケ美味しいんですね~!!
道の駅とかにも売っているような気がしたので、今度買ってみます。

バターソテーとか良さそうだなぁ~(・ω<)
じゅるるる~!

| にっしー | 2014/11/20 07:23 | URL |

にっしーさん 菌糸のこと色々研究してますねぇ。
私もクワガタ幼虫の飼育に菌糸を使ってますが、難しいことは苦手でして・・・。

菌糸瓶からキノコが出ますが、ダニやトビムシとかいたりするので、今まで食べたことはないですね。

| おおぞら11号 | 2014/11/20 21:34 | URL |

Re: タイトルなし

おおぞら11号さん、コメント頂きありがとうございます。

そもそもなんで菌糸ビンだと大きくなるのか不思議だったんですよねぇ。
調べてみたら、納得でした(・ω<)

未だ菌糸ビンからキノコが出てきそうな雰囲気はありませんが、
そっちも楽しみに待ってみます(笑)

| にっしー | 2014/11/21 07:16 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。