FC2ブログ
オオクワガタ幼虫のFとかCBとか何のこと? オオクワガタ飼育初心者講座

オオクワガタ飼育初心者講座

初めてのオオクワガタ飼育に挑戦!!ド素人でもオオクワガタは飼えるのか?飼育にあたっての工夫や素朴な疑問などを実例を交え紹介して行きます!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オオクワガタ幼虫のFとかCBとか何のこと?

オオクワガタの幼虫を購入するときにF1、F4とかCBとかいう記号があります。

一般手には馴染みのない記号ですね。
・・・なんじゃそれ~(・o・)

調べてみました!!

一般的に「F」というのは、
インラインブリード(同血統交配)の代重ね数「Filial generation」を現すそうです。

遺伝子

更に詳しくはこれ以降。



つまり、遺伝的に近い兄弟姉妹間で交配を重ねた回数ということになります。
オオクワガタの場合、大型・美形の特徴を持つものが選択され交配されていますので、
こうした表記は一般的なようですね。

自然界にいるワイルド個体がF0となり、その子がF1。
その子供同士の子がF2という具合に数字が変わっていきます。

どうも近親交配を重ねると病気に弱くなったりするようなイメージがありますね。
こうしたことを予防するために外からの血を入れるのですが、
そうすると近親交配がリセットされ、遺伝的にはF1に戻ります。

となると・・・、もう訳がわかりませんね(笑)。

こうした分かりにくさを解消するために、
最近「CB(Captive Breed)」という表記が使われ始めたそうです。
上記の例の場合、意図的に血の入れ替えを行ったことを示すために頭にCBを付けて「CBF1」と表記します。

また、産地の違う物同士の交配の場合は「ハイブリッド」というそうです。

とはいえ、厳密に呼び方が定義されているわけでもないようですので、
気になる方は販売店やブリーダーの方に直接確認されることをおすすめ致します。

ただし、F15くらいまでは特に問題はないという見解もあり、あまり神経質になる必要もなさそうです。
関連記事

| 幼虫の購入 | 22:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。